JAPAN AIRLINES

JAL Webサイトのセキュリティ強化に関するお知らせ

この度、JAL Webサイトをご利用いただくお客さまの情報の安全を確保するため、安全性の高い通信暗号化方式「TLS1.2」へ移行・強化を行います。古いバージョンのブラウザや設定を変更しているブラウザでは、2019年5月以降、JAL Webサイトのサービスをご利用いただけなくなる可能性があります。
暗号化通信を使用する一部ページ(アドレスが「https」で始まるページ)が閲覧できなくなった場合は、以下を参考にブラウザ(Internet Explorerなど)の設定変更を行っていただくか、バージョンアップ対応を行っていただきますようお願いいたします。
引き続きJAL Webサイトを安心してご利用いただくため、何卒ご理解・ご対応いただけますようお願い申し上げます。

実施内容

インターネット通信暗号化方式「SSL3.0」、「TLS1.0」および「TLS1.1」のサポートを終了いたします。SSL/TLSとは、インターネット通信を暗号化し、第三者による通信の盗聴や改ざんを防ぐための仕組みです。「TLS1.2」は「SSL3.0」「TLS1.0」「TLS1.1」に比べ、より安全な通信が可能となっています。サポート終了後は、「TLS1.2」未対応のブラウザやパソコン、スマートフォンなどでJAL Webサイトをご利用いただけなくなります。

対応方法

Internet Explorer

  1. Internet Explorerを起動
  2. ブラウザメニューの [ツール] から [インターネット オプション] を選択
  3. [インターネット オプション] ダイアログ ボックスの [詳細設定] タブを選択
  4. [セキュリティ] カテゴリで、[SSL 3.0 を使用する] チェック ボックスをオフにし、[TLS 1.2 の使用] チェックボックスをオンにする
  5. [OK]ボタンを押してダイアログボックスを閉じ、ブラウザを再起動

Firefox

  1. Firefox を起動
  2. アドレスバーに「about:config」と入力
  3. 「動作保証対象外になります!」といった警告が表示された場合、「使用する」を選択
  4. 「security.tls.version.max」の行を探し、行をダブルクリック
  5. 「整数値を入力してください」と表示される画面で、半角数字で「4」と入力し[OK]
  6. [OK]ボタンを押してダイアログボックスを閉じ、ブラウザを再起動

2019年3月22日
日本航空

ページトップへ戻る