JAPAN AIRLINES

Walletに登録したパス(搭乗用バーコード)の誤共有にご注意ください

平素よりJALグループをご愛顧いただきありがとうございます。

iPhone向けアプリケーション Walletに登録したパス(搭乗用バーコード)について、iPhoneでのAirDrop機能やメール、SMSの誤操作により、意図せず第三者へ配信してしまうという事例が確認されています。

Walletに登録したパス(搭乗用バーコード)にはお客さまの航空券に関する重要な情報が記載されていますので、お取り扱いには十分ご注意いただきますようお願いいたします。

AirDropでの誤操作の例

共有相手の候補として、近くにいる第三者が表示される場合があります。

共有する相手の選択を間違えないように、十分ご注意ください。

お心当たりがないパス(搭乗用バーコード)が届いた場合のお手続き

受信したパス(搭乗用バーコード)にお心当たりがない場合、ほかの方が誤って共有されてしまったものと考えられます。

身に覚えのないパス(搭乗用バーコード)が届いた場合は、AirDropは受け入れをせず、SMSやメールは削除してください。

なお、AirDropが「すべての人」に設定されている場合、見知らぬ相手からAirDropを受信する可能性がございます。

受信設定を「連絡先のみ」または「受信しない」に設定いただく事を推奨いたします。

2019年7月31日

日本航空